レバークーゼン対ケルン

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Javascriptが無効なため一部の機能が動作しません。動作させるためにはJavascriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。 メインメニューをスキップして本文へ移動 交通・キャンパスマップ サイトマップ お問合せ 非常時の対応 日本語 English 受験生 留学生 在学生 卒業生 地域・一般の方 企業の方 後援会・同窓会・事業会 お茶大案内 学部・大学院 入試情報 教育・研究 産学連携・社会貢献 留学・国際交流 図書館 研究所・センター 附属学校園 トップページ お知らせ 松﨑真実さんがヤマハ音楽振興会から研究活動支援を授与 ページの本文です。 松﨑真実さんがヤマハ音楽振興会から研究活動支援を授与 2013年3月29日更新 大学院人間発達科学専攻、保育・児童学コース博士後期課程3年の松﨑真実さんが、2013年3月から2014年2月にかけて行われる自身の研究で2013年度の研究活動支援を授与されました。 音楽を科学的あるいは社会学的視点から考察した研究への支援である「研究活動支援」は、物理学や医学等、応募者の専門分野も多岐に亘り、毎年バラエティに富んだテーマが寄せられますが、その中でも特に個性的で新しい研究が選ばれております。 受賞した研究は以下の通りです。 研究テーマ:幼児の歌記憶に音楽要素が与える影響 脳波PSD法による検討 幼児期の音楽学習によく用いられる「歌」の構成要素のうち、「旋律」「和声」「リズム」「歌詞」のどの要素が記憶に影響を与えるのかを母語と外国語の歌のマッチングを行い調べると同時に、記憶活動中の脳波を分析することにより、音楽記憶課題におけるPSD(パワースペクトラム密度)の違いを検討します。この研究を通して、幼児教育における歌唱のよりよい提示方法を考えていきたいと思っています。 ヤマハ音楽振興会の研究活動支援についてはこちらをご覧ください。 ヤマハ音楽振興会 研究活動支援 Tweet   案内 学長メッセージ 大学紹介映像 入試資料請求 教育情報の公表事項 ご寄附 男女共同参画 研究者情報 公募求人・調達入札 お茶大なんでもQ&A 情報セキュリティポリシー 電力使用状況 教職員メニュー このサイトについて ソーシャルメディアポリシー 個人情報について プライバシーポリシー アクセスマップ サイトマップ お問い合わせ 国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1 責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 E-mail:&#105;&#110;&#102;&#111;&#64;&#99;&#99;&#46;&#111;&#99;&#104;&#97;&#46;&#97;&#99;&#46;&#106;&#112; PC表示 スマホ表示 Copyright © OCHANOMIZU UNIVERSITY. All rights reserved.

FORTUNA(旧AU8)カジノの評判を最速暴露!ボーナス情報・ ... バカラタイ配当 オンラインカジノおすすめランキング2024!人気サイトを徹底 ... オンラインカジノおすすめランキング2024!人気サイトを徹底 ...
Copyright ©レバークーゼン対ケルン The Paper All rights reserved.